檜垣裕志ブログより

『日本ではあえて「利き足だけ」でやらなきゃいけない、やりきらなきゃいけない』
今回の石川県での旅、いろいろ考えさせられました。

日本のサッカーを変えたいとか、そんなおこがましいことは一切思わないけど、もっともっと上手くなれる力がある子供達にちゃんと指導する必要性を強く感じています。

みんな個を上手くするとか言ってるけど、そこには明確な理論、具体的かつ効果的、正しいサッカー指導はほとんどないんだなと。

そりゃプロになる人が少ないのはわかるけど、そこの可能性を見いだすことは出来ます。

現状はサッカーもできない、経験もない、聞く耳もない、持論と主観だらけの育成現場。

本当にひどい。

だから、あえて言います。

利き足だけでちゃんとボールコントロールしろって!!!

利き足だけで試合をやってみろって。

利き足だけじゃダメか?それが出来なきゃ、それ、下手なんだよ。

利き足だけでボールをコントロールして、ボールを取られない。

これをやる!!!これをやりきる!!!

ダブルタッチ、マルセイユルーレット、フェイント…どうでもいい。

プロの利き足の技術がない奴が何をやっても、プロでは通用しないから。

プロサッカー選手になりたい、本気で上手くなりたいなら、「利き足だけ」でやれって。

そこからだよ。

両足、逆足?

先ず利き足。

何が何でも「利き足」

そこから強く言って、それをやらなきゃ、やりきらなきゃ、この国ではそれを言ってそれをやらせなきゃ絶対に上手くならない。

それを改めて感じることが出来ました。

こんなことを言う人がいない?

そりゃいないでしょ。

17歳からサッカーを始めてブラジル一部リーグのプロサッカー選手になった人は世界中でいないんだから。

僕が証明して、それ以上になれる可能性は日本の子供達にはあるんだからそれを、それ以上をやらせなきゃいけない。

やれば出来るんだから。


「やりやすい」は「上手くやれる」ではないんです。「上手くなる」というのをもう一度思い出して下さい。

原点に戻って「利き足」にこだわってプレーしましょうよ。

また、ワンタッチでできることをわざわざツータッチ・スリータッチしていませんか? 安易にボールを持ち直すことは、ファーストタッチで利き足のポイントに置けなくてもいいや、と、ボールの置き所がブレることになるんですよ。また、ヘッドダウンしやすくなるんですよ。

更には、本番の試合で使えない無駄なドリブルにもつながります。元日本代表の遠藤ヤットと元横浜マリノスの遠藤彰弘の対談の動画を55秒と短いのでぜひ見て下さい。

「プロサッカー選手にドリブルなんて必要ないよ!」 遠藤彰弘×遠藤保仁
https://www.youtube.com/watch?v=geZllBX2DsU

〇今日の練習
IMG_20190919_160731_1IMG_20190919_162440_BURST014IMG_20190919_172857IMG_20190919_165658_1
〇両足の間にボールを置いた時、インで切り返した時にボールを取られやすくなる。また、このフォームではヘッドダウンすることにつながる。安易に両足でボールをタッチすることで下の写真のようなフォームになる。
IMG_20190919_165702IMG_20190919_165445

チームとして成績を上げることも大事だけれども、もっと大事なのは「君」が上手くなることです。

「上手くなる」とは、ボールを意のままに扱えるようになること・ボールを自分のものに出来ること・狙った点にボールを送れること・サッカーに対する理解度等々を複合的に成長させること。

人によって、課題は違います。どこを成長させれば、自分は上手くなったと言えるのか? 自己分析が重要です。

人と比べる必要はありません。自分のどこが成長しているか、何を良くすればいいのか、冷静に見極められるようにしましょう。上手くなっている最中というのは、サッカーが面白いんです、楽しいんです。

〇今日の練習
IMG_20190917_172510_BURST001_COVERIMG_20190917_165930_BURST011IMG_20190917_173430_BURST006IMG_20190917_165948_BURST007IMG_20190917_164135_BURST010IMG_20190917_164130_BURST003 

10月5日(土)フューチャーリーグ&練習試合
・時間 11:00集合、12:00キックオフ
・会場 木更津高校グランド
・対戦 vs 木更津

10月6日(日)練習試合
・時間 8:30集合、9:30キックオフ
・会場 沼南高柳高校グランド

10月12日(土)練習
・時間 8:00~10:00

10月13日(日)
【Aチーム】県リーグ後期第4節
・時間 14:30集合、15:30キックオフ
・会場 白井高校グランド
・対戦 vs 日体大柏高校

【Bチーム】練習
・時間 8:00~10:00

10月14日(月)~23日(水)オフ
※中間試験 21日(月)~24日(木)

10月24日(木)再開

10月26日(土)練習
・時間 8:00~10:00

10月27日(日)
手賀沼エコマラソン補助役員ボランティア

9月21日(土)練習
・時間 8:00~10:00

9月22日(日)県リーグ第2節
・時間 10:30集合、11:30キックオフ
・会場 白井高校グランド
・対戦 vs 白井C

9月23日(月)練習
・時間 8:00~10:00

9月16日(月)、会場:柏レイソル日立台グランド

柏中央 対 我孫子B
前半 1-0
後半 3-2
合計 4-2

得点 4分 有馬(アシスト:岡安)、後半3分 池田(アシスト:青木)、後半5分 深井、後半24分 豊嶋、後半31分我孫子、後半39分我孫子

初戦をしっかりモノにしました。
IMG_20190916_165520IMG_20190916_165854IMG_20190916_165644IMG_20190916_170027_1IMG_20190916_170745_1IMG_20190916_180411

昨日、チームでU‐18プレミアリーグを観戦しましたが、今日の練習に生かせたでしょうか?

今やU-18プレミアリーグは、ユース年代日本最高峰のレベルのサッカーです。インターハイや選手権より明らかにレベルは上です。参考になることだらけだったことと思います。

清水エスパルスユースのDFが、前半11分過ぎにイエローカード2枚目をもらい退場になり10人での戦いになりました。両チーム共、それだけ球際の厳しさや激しさがあったということです。

対して、我々のチームは、夏の大会や練習試合においてほとんどノーファウルの試合だらけでした(勘違いしてほしくないのは、ファウルを勧めているわけではないということ)。流経柏や清水エスパルスユースと我々のチームは何が違うのでしょう?

感想で「速かった」という声が多かったのですが、単純に駆けっこしたらそこまでの差はない筈です。でも現実として、流経柏や清水の選手は速く見えたんです。こういう所が、今後我々が伸ばしていくべき点なんです。

明日は県リーグ後期のスタートです。見てきたことを実際の試合に生かしていきましょう。開幕戦がとても重要です。良いスタートダッシュをかけたいですね。

〇今日の練習
IMG_20190915_082316IMG_20190915_082318IMG_20190915_095118IMG_20190915_095713IMG_20190915_095902IMG_20190915_100143_BURST003 

今週末は、県リーグ後期が始まります。来季の昇格に向けてのスタートです。

ウォーミングアップを兼ねてリフティングやドリブルの技術練習をおこなっていますが、取り組み方・取り組む姿勢に差が見えます。ただ言われたメニューをこなしているのか、何とか上手くなろうとしてやっているのか・・・

当たり前の基本トレーニングをちゃんとやっている人は、実際のゲームでプレッシャーがかかった時でもミスの確率が低くなってきます。そして、「サッカー的な動き方」になってきます。

世界の一流選手達は、プレーに力感がありません。どこにも力が入ってないような滑らかな動きです。下手な選手ほど、滑らかでなくゴキゴキしたような動きです。ウォーミングアップと思わないで、基本トレーニングこそ大事に取り組みましょう。

シザースをやる時は、クリスティアーノ・ロナウドやロナウジーニョになり切って、アウトターンをやる時は、メッシになり切ってetc.・・・一流選手を真似するように真剣にやってみましょう。

〇今日の練習
IMG_20190913_161228_BURST017IMG_20190913_161233_BURST002IMG_20190913_161317_BURST004IMG_20190913_161730_BURST008IMG_20190913_164708_BURST011IMG_20190913_164627_BURST002 

攻撃の目的は、「シュートを打つこと」。ゴールできるかどうかは結果にすぎません。

攻撃の目的が、パスを回すこと・ドリブルすること、になってはいけません。シュートを打つためにどうするか、を考えなければいけません。前方にフリーの味方がいるのに、目の前の敵を抜くことばかりに執心していては攻撃の目的を果たすことはできません。

守備の目的は、「ボールを奪うこと」

目的を達成するために、敵に簡単に前を向かせてはいけないんです。

全員が、守備に全力を出し、攻撃も全力でそれを打ち負かそうとする、こういうサッカーが出来た時に「今日は楽しかった~」という気持ちになれるんです。

〇今日の練習
IMG_20190912_173805IMG_20190912_171953IMG_20190912_173214IMG_20190912_173245IMG_20190912_174207IMG_20190912_173534

9月14日(土)U‐18プレミアリーグ見学
・時間 12:00集合、15:00解散予定
・場所 流経大柏高校グランド
・対戦 流経大柏 vs 清水エスパルスユース

9月15日(日)練習
・時間 8:00~10:00

9月16日(月)
【Aチーム】県リーグ第1節
・時間 16:00集合、17:00キックオフ
・会場 日立台人工芝グランド
・対戦 vs 我孫子B

【Bチーム】練習
・時間 8:00~10:00

文化祭でトレーニングができない期間が続き、更に昨日は台風の影響で臨時休みとなったため、今日は久しぶりのサッカーでした。

選手達のコンディションが落ちていることを心配していましたが、なかなか良い感じのトレーニングができました。


2学期に入り、いくつかの中学校から柏中央高校サッカー部の練習を見学させてほしい旨の要請がありました。いつでもお受けいたしますので、遠慮なくご連絡ください。

来校に当たって・・・予備知識を持って来場した方が、より理解が進むと思いますので、以前の柏中央高校サッカー部についての紹介に続き、今日は第2弾をお送りします。

基本方針として「サッカーはサッカーをやることによって上手くなる」と紹介しました。これについて補足します。

→ 我々のチームでは、いわゆる「走りこみ」に相当するメニューはほぼありません。サッカーはマラソンではありません。サッカーのプレーは、キック、ダッシュ、ロングスプリント、ジャンプ、ストップなど、様々な動きで構成されています。マラソンのように一定のペースで走るような動きは見当たりません。また、正しい時に正しい場所にいて、正しい動きをする判断力が求められるんです。

では、サッカーに必要な体力(耐久力)はどうやって付けたらいいのか。我々のチームでは、「サッカーをする」ことで技術や戦術(判断力)、体力をいっぺんに鍛えることが重要だと考えています。

「朝練」も我々のチームにはありません。日常のトレーニングが、2時間を超えることもありません。今日も8時から始まったトレーニングは10時に終わりました。睡眠時間を確保し疲労回復をしっかり図る、高校生の本分である勉強にもちゃんと取り組む、このねらいの為です。

選手達は全員、確実に上手くなっています。チームの成績も3期連続でブロック予選免除と着実に上がってきています。

中学生の皆さん、柏中央高校サッカー部はいかがでしょうか。

↑このページのトップヘ